Isaaxとは

Isaaxは面倒な手間を省いて、gitレポジトリとIoTデバイスをつなげるサービスです。

注意: _ 現在サポートしているgitホスティングはGitHubとBitbucketです。 _

どんな利用シーンで使えるか

IsaaxはIoTデバイスの管理、死活監視、ファームウェアアップデートに利用できます。

Isaaxのダッシュボードから新たなプロジェクトを作成し、GithubやBitbucketと紐付けます。

デバイスをプロジェクトに登録します。(インストールスクリプトを使うことで簡単にできます。)

新しいコードやプログラムは自動的に登録済みのデバイス全てに対し更新、反映されます。シンプルに新しいコードをGithubやBitbucketにプッシュすることで、1台でも100台でもIsaaxがいつでも自動的に最新のコードを反映してくれます。他の作業は必要ありません。

Isaaxを使うことで、デバイスとアプリケーションのステータスログをリアルタイムにWEBアプリやインテグレートされたサードパーティーのサービスから確認、監視できます。

私たちは開発者がIsaaxでどんなプロジェクトを行うのかとても楽しみにしています。

Isaaxを使うために必要なもの

  • 開発用のワークステーション
  • RaspberryPiのようなLinuxが動かせるシングルボードコンピュータ(SBC)
  • OSを書き込み済みのSDカード。
  • インターネット接続(WiFiまたは有線LAN)
  • Github又はBitbucketののアカウント

Isaaxの利用料金

Isaaxは無料で使い始めることができます。最初は無料プランでお試しいただき、Isaaxの利便性を確かめることをお勧めします。より多くの機能が必要になった場合でも、自分にあったプランに簡単にアップグレードすることができます。プランの詳細についてはこちらから確認できます。